駆け出し個人iOSDeveloper,Unityユーザーです。
作ったもの、試したことなど。

オブジェクトしこうについてのメモ アリストテレス編

オブジェクト指向って何だろうとググった

入門書を写すことからプログラミングを始めて2年、「オブジェクト指向ってなあに?」とググった時に「アリストテレスに似ている」と思いそのようにググってみたら・・そのようだった(言い方がわからない) ので自分なりにメモ

 

アリストテレスの個体問題とは無限の述語のこと

アリストテレスは実体を類・種・個

(ト・ティ・エーン・エイナイ)(ト・ディ・チ)とした。

類・種→

個は主語とも言い換えられる。

個である主語には無限の述語がある

 

私は(名前)である

私は*月生まれである

私は2019年11月11日と思われるところの12:28に緯度・経度**の**で**をしている・・

私は(人間の認識できない次元のプロパティ)である

など

 

f:id:osushioisi:20191111115058p:plain

またそれらの述語はどの主語(基体)の述語にならず

f:id:osushioisi:20191111115610p:plain

一方で類種は他の主語(基体)の述語として機能する。

 

個物が <それは何か> と <あるかないか>

 

エッセンティアessentia(本質存在 to ti estin)

エクゼステンティアexistentia(現実存在 to hoti estin)

 

オブジェクト指向のクラスは

第一実体の実体を第二実体から作り出すこと

 

つまりオブジェクト設計のコツは・・基体の述語付けにかかっているのではないか!!

そうすると自然とカプセル化されていきます

と、考えるのです

 

・・・・・全て妄想ですし参考文献はありません(10年前の大学のノート

追記があったらまた書きます

static関数とかclassが2つあるスクリプトとかextensionとかdelegateとか、全然まだよくわからない

 

ト・ディ・チの大事なところ

 

みんな違うんだよってこと

 

 

自分の述語を人の述語に置き換えられると勘違いしたら、

おかしなことになるよってこと 

(自分の常識を人に押し付けたり!)

 

類種を個と勘違いしても

おかしなことになるよってこと

(自分の大事なペットの猫は、他の猫とは全く異なるはずなのに

「猫」とだけ認識したら代替可能になる)

Xcode+Swift4(と5) はじめてみたメモ

2019/11/7 訂正 環境はSwift5だった(ひどい

 

覚えたこと、「へ〜」と思ったことを雑多にめもしていきます。

///と//のコメントの違い

///はサマリー

関数名の上でオプション+クリックでコメントを見れる

f:id:osushioisi:20191106151337p:plain

 

dequeueReuseable 

なんか目が滑って読めなかったので・・

デキュー リユーサブル

再利用可能なデキュー

 

再利用可能デキュー(スペルミスしてる・・

f:id:osushioisi:20191106151439p:plain

 

キューってなんでこんな奇妙なスペルしてるんでしょうか??

フランス語が元になった英語でした。ちょっと納得。

ja.glosbe.com

 

そしてキュー エンキュー でキュ〜 とは

https://wa3.i-3-i.info/word14722.html

 

ところてんのことだった!

 

 

xcodeVersion 10.2.1+Swift4(とSwift5) エラー(記述ミス)メモ

Declaration is only valid at file scope

Declaration is only valid at file scope

(宣言はファイルスコープでのみ有効です)

 

解決した方法

Extensionはクラスの外に書く

 

f:id:osushioisi:20191105130144p:plain

Invalid redeclaration of 'Neko'

Invalid redeclaration of 'Neko'

'Neko'の無効な再宣言

 

同じこと2回書いてた

 

unespectedly found nil while unwrapping an Optional value

unespectedly found nil while unwrapping an Optional value

「ここnilが入ってますけど、nilはおかしいでしょ!

どこか知らんけどちゃんと中身入ってるかみて!」

 

と言ってるらしい

teratail.com

 

UIImagePickerControllerでエラー?

[discovery] errors encountered while discovering extensions: Error Domain=PlugInKit Code=13 "query cancelled" UserInfo={NSLocalizedDescription=query cancelled}

 

stackoverflow.com

 

Swiftのバージョンを確認する

一番最初は「ていうか今の最新のSwiftってなんばんなの?」と思った

調べてよかった、Swift5.0.1だった(4だと思い込んでた

qiita.com

 

.instantiateInitialViewController() as! ***でクラッシュ

とにかくここでハマってしまいました・・

ViewControllerを.instantiateInitialViewController() するには、

Is initial View Controllerにチェックを入れないといけない

 

情けないミスですがアプリがクラッシュするのがツライ

遷移先のViewControllerをインスタンス化する方法が間違っています。

storyboard.instantiateInitialViewController()インスタンス化するのは、対象のStoryboardの中で Is Initial View Controller に指定されているもの、Interface Builder上では以下のように左端のない矢印で示されているものです。(1つのStoryboardに1個だけしか存在できない。)

ja.stackoverflow.com

サーバーを借りてHTMLをUpしてみる②

osushioisi.hatenablog.com

 

アズテキストを置くためだけに借りて置いた少しのHTMLに、cssをつけてみました。

初めてのcss

cssという拡張子のファイルをリンクさせるのか〜(そこからです

 

しかし・・もともとシンプルなものを作りたかったので

本当に要素を真ん中に詰めるだけのものをやりました 

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

 

 

f:id:osushioisi:20191031200025p:plain

smm iOSapps びんごや

こういう小さなステップアップ好きです。

やりたいデザインを覚えておいて、

次はもうすこ〜し凝ってみようと思います

 

参考ページ

dev.classmethod.jp

banners.itunes.apple.com

linkmaker.itunes.apple.com

unitopi.com

 

unity1weekお題「さがす」さがそう!chatch them

8回目の参加となります。

f:id:osushioisi:20191019231652p:plain

 

今回も参加できて嬉しいです。

毎度のことながらunityroom naichi様楽しいイベントをありがとうございます

テーマは「さがす」

まず開催期間の2019/10/14~20という日がかなり予定がタイトだったため

参加するならシンプルに行こうと決めてかかったので

ストレートに「ウォー○ーを探せ」のゲームを作ることにしました。

ルールを作らず今回はとにかく参加するのみです。

あとiPadでの作業が多めになるので娘と一緒でも進めやすいと思いました。

(でも絵を描くのちょっと疲れた・・)

 

今回試した新しいこと

毎回unity1weekでは新しいコード、アセット、機能などを試すことにしていますが

ウォーリーと決めたからには画像を作るだけでは・・と思っていました

・・・気がしただけでした。

 

一枚絵でコライダー+イベントトリガーをつけるのか?

オブジェクトを配置するのか?

 

う〜〜〜〜ん・・

 

同時に、絵も私が用意するので

一枚絵を描くのか、スライスして配置するのかを決めないとダメです。

 

さらにさらに、これらの問題は

完成品のクオリティ<<<作りやすさ完成しやすさ

を目標に進めたいのです。

 

あまり迷っている時間もないので、

スプライトをスライスして配置、カメラは固定でUIスクロールビューで作ることにしました。

その場合Scaleをスライドバーで変更できるようにすれば

結果的に縮小拡大もできました。(でも縮小した時に脇が見えちゃう。

 

f:id:osushioisi:20191019232627p:plain

スライドバーは初めて使ったため、これが初めて使う機能となりました。

 

反省など

もう1面作るとか、アプリにしたりするなら

絵はスライスして配置じゃなくてもう1枚で描き切った方が楽だと思いました。

おしまい

ゲームの内容は既知のものなので今回はお恥ずかしい裏側を書きました。

1weekは毎回「参加してよかったなあ〜」と思うので次回も参加したいです。

 

unity errorメモ No iOS module loaded.

Unityがクラッシュ後switch platformできなくなる。

f:id:osushioisi:20191018211446j:plain

 

 

Unity 再起動で元に戻りました。

 

サーバーを借りてHTMLをUpしてみる

f:id:osushioisi:20191013223856p:plain

bingoya.starfree.jp

 

 

PHP、データベースに引き続き、HPを作成。

HPでは今まで作ってきた作品やアプリのページを作りたいのですが・・

現在は、後回しです。