ProBuilder④ Rお姉ちゃんをブラッシュアップ

 

ロールパンなお姉ちゃんの3Dモデルをもっとイケてる風にしたい
 

f:id:osushioisi:20180512215153p:plain

①Poly brushを使って板みたいだったマントを少しなだらかにしてみた。

Subdivide Objectを2回して、細分化して、そこをPoly brushでなぞる。

まだbrushの種類よくわかんない・・

 

②オブジェクトを、Smoothingする。

参考動画(大まかにしかヒアリングできてないけど・・) 

www.youtube.com

 

 

 

f:id:osushioisi:20180512204822p:plain f:id:osushioisi:20180512204817p:plain

←左がスムージング後

f:id:osushioisi:20180512204829p:plain

並べたらまあまあ違いがわかる!

 

ていうか頭に赤いRの文字書くの忘れてるーーー! 

ProBuilderを使いたい③ 鍋とお姉ちゃん編

f:id:osushioisi:20180509203646p:plain f:id:osushioisi:20180511190304p:plain

練習で円柱を組み合わせて、「ストウブ風オブジェ」、と

「ロールパンのお姉ちゃん」を作りました。

ファンアートなので特にプロジェクトでは使わないで、練習用です

(鍋はどっかで使ってもいいかなと思ってるけど・・)

 

f:id:osushioisi:20180509203651p:plain

何色でも作れます

3Dモデルだから。

 

f:id:osushioisi:20180509203548p:plain f:id:osushioisi:20180509203602p:plain

シリンダーを6つとアーチが2つです

 マテリアルはちょっとメタリック、だけどマットになるように。

特に蓋の取っ手部分(金色の部分)は一番鉄っぽくしました。

f:id:osushioisi:20180509203613p:plain

この後取っ手は斜めから水平にしました

 

f:id:osushioisi:20180511190554p:plain

お姉ちゃんを作るにあたってちゃんとスカイボックスを闇夜に。

「私にはこの街は明るすぎる・・」

f:id:osushioisi:20180511191441p:plain f:id:osushioisi:20180511191425p:plain

二十面体と、シリンダーを使って積み木

f:id:osushioisi:20180511191139p:plain

20面体を組み合わせた頭に、顔を書いてマテリアルに貼りました。

その際に顔面をDelete Faces→Fill Holeして、一つの面にしてから貼りました

f:id:osushioisi:20180511191325p:plain

UV展開はまだよくわからない・・

 

マントがうまく作れなくてNew Poly Shapeから

頂点をちょんちょん置いて無理やり描きました。

再トライしたいな。もっと布っぽくできないかなあ。

 

 

これ以前に作ったもの

osushioisi.hatenablog.com

 

 

 

unity2018でProBuilderを使いたい②

BANANA | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

f:id:osushioisi:20180508225635p:plain

 

blogs.unity3d.com

こちらのゲームジャムに参加させていただきました。

 

ProBuilderで自作したオブジェたち

f:id:osushioisi:20180508225717p:plain f:id:osushioisi:20180508225941p:plain

作ったもの① cubeとcylinderで作った樽(現代風)19L

サカナ店長の後ろにもあるやつ・・

お酒が入っているよ 

 

f:id:osushioisi:20180508230116p:plain

作ったもの② 矢印の看板 prismとcube

f:id:osushioisi:20180508225635p:plain

作ったもの③ 椅子と机とライトと、額縁。床に市松模様のマテリアル

 

f:id:osushioisi:20180511194255p:plain

後日、机にテクスチャを設定してみた。

ShaderをDiffuse Vertex Color(頂点の色を拡散する)にしたら、

Vertex Colorで設定した色を反映してくれる(多分)

f:id:osushioisi:20180511194023p:plain

(もっと木目っぽいテクスチャの方がよかったかな)

 

 

床に市松模様のマテリアルを貼る時、

面が割れていた(言い方あってる?)ので

Delete Faces(面を削除)してFill Hole(穴を埋める)する、

という入門動画にあった方法で

一度一枚の面にして、マテリアルを貼って

Triangulate(三角に割る)する、という手順で、床にマテリアルが貼れました。

 

f:id:osushioisi:20180508230223p:plain

作ったもの④ 白くて見づらいけど猫のオブジェ

 

f:id:osushioisi:20180508230249p:plain

作ったもの⑤ こっそりシャム猫の宣伝ポスター

f:id:osushioisi:20180508230357p:plain

作ったもの⑥ 柵。マテリアルはデフォルト

 

 

 

以下日記ツイート

 

次は有機的なものも挑戦してみたい、のと

UVマップを調べる・・

 

 

 

unity2018でProBuilderを使いたい

この1年、3Dソフトをちょっとずつ触ったりしたけど

再度、挑戦。

unity2018で3DモデリングができるProBuilderが使えるようになった!らしい!


ProBuilderでモデリング入門

 

f:id:osushioisi:20180504000851p:plain

いきなり動画の通りできなかったのがここ。

ProGridsをToolから選んで、windowで表示させないとツールバーが出てこない

 

f:id:osushioisi:20180504001004p:plain

いきなりできなかったとこ②

うまくExtrudeできなくてナナメになる。

ProGridsをONからOFFにしてからうまくいった(多分)

 

f:id:osushioisi:20180504001131p:plain

うまくFill HoleからのConnect Verticiesできなくて屋根が割れたのがここ

 

間違い→面を選択してConnect Verticies。

正解→コネクトしたい頂点を2つ、Shiftで選択してConnect Verticies。

 

f:id:osushioisi:20180504231322p:plain

 

 

f:id:osushioisi:20180507045113p:plain

入門動画通りやって、きのこと葉っぱができた。

楽しい

 

f:id:osushioisi:20180507044913p:plain

マテリアルを作って、マテリアルエディターから設定

(ShaderをProBuilderにする)

 

 

 

f:id:osushioisi:20180507153052p:plain

家、丘、木、草、キノコ、リフトができた!

 

 

f:id:osushioisi:20180507155503p:plain

osushioisi.hatenablog.com

自分が8月に書いた記事を見てライトの調整をやってみた。

Skyboxを変えて、DirectionalLightのIntensity値を低くした。

inter-high-blog.unity3d.jp

 

 

 

 

 

iPhoneのボイスメモの音声をunityで使いたい

自分で効果音を作ってunityで使ってみたかった。

 

①ボイスメモで音を録音(雑音が入らないように・・)

ボイスメモ内でトリミング(編集ソフトとか探せばあるだろうなあ)

.m4aという形式なのでそのままじゃ使えない

docs.unity3d.com

 

iTunesでMp3に変換できた!

f:id:osushioisi:20180422221903p:plain

www.iskysoft.jp

 

f:id:osushioisi:20180422221954p:plain

.mp3にしたものをunityにドラッグ

(どこに保存されてるかわからなかった・・)

 

 

祝iOSアプリ完成+ITものづくりを始めて1年

4月でとりあえず1年続けることができました。

ブログも1年経ったらなんかこういう記事を書こうって思ってたので記念に。

 

 

世界最高齢アプリ開発者、若宮正子さん。

この人のアプリhinadanを見て、やりたいなら始めなきゃと思うことができました

www.businessinsider.jp

 

osushioisi.hatenablog.com

そして自分でも、無事ひとつアプリを出すことができました。

 

思いは色々あるけど、

 また来年書いてみよう